相馬野馬追の歴史

 相馬野馬追は、今から一千有余年前鎌倉開府前に、相馬氏の祖である「平小次郎将門」が、領内にある下総国葛飾郡小金ヶ原(現在の千葉県松戸・流山付近)の牧に野馬を放し、関八州(北関東八ヶ国)の兵を集め、野馬を敵兵に見立て野馬を追った軍事訓練と、またその捕らえた馬を相馬氏の氏神である妙見の神前に奉じる祭事としした事に始まると言われています。
 その後、元亨3年(1323年)相馬氏は、下総国から相馬家の領地で不在であった奥州、行方郡(現在の福島県相馬地方)に移り住み、以降相馬家代々、一切の軍事訓練が締まられる中「野馬追」はあくまで神事という名目で、明治維新まで脈々と続けられました。
 1868年の戊辰戦争後新政府になり、1872年に旧中村藩内の野馬がすべて狩り獲られてしまい、旧藩政の「野馬追」も消滅しましたが、1878年に多くに人の尽力により「野馬追」は復活し、「甲冑競馬」および「神旗争奪戦」と将門以来の伝統を継承した「野馬掛」の形態で現在に至っております。
 旧藩制時代の放牧が盛んであった風習は、数頭の裸馬を騎馬武者が追いたてて、小高神社の特設の竹矢来の中に追い込み、これを浄衣を着た御小人が素手で捕え、神前に献ずる「野馬掛」となり、軍事訓練の意味合いを残した、騎馬武者による「甲冑競馬」「神旗争奪戦」など、時代返還によくこの地方の民俗を反映させ一千有余年現在も連綿と行われています。